一定期間更新がないため広告を表示しています

テンカラ竿というものは正しく使えば非常に丈夫ですが、おかしな力がかかるといとも簡単に破損しまうことがあります。

竿の出し入れも誤ったやり方で行うことで壊れてしまうことがありますので、初心者の方は身につくまで注意して扱う必要があります。
 
まず竿を納めるときは、根元の太い方から一歩ずつ縮めていきます。
 
このとき先端から縮めていくと、細いので筒の中で外れて一番下のグリップのところまでストンと落ちてしまいます。それから次の部分を縮めると竿の中で引っかかってしまいます。
これを中落ちといいます。
中落ちになると力任せに収めようとすると破損しますので、グリップの尻栓を外して一度分解してから組みなおしてください。
当店でも、すでに破損した状態でお問い合わせをいただいたこともありますが、そうならないように特に初心者の方は十分にご注意ください。
 

また竿を伸ばすときは、竿先のキャップを外し、細い方から1本ずつゆるみのないようしっかりと伸ばしてゆきます。

このとき節にゆるみがあると釣りの最中に突然中落ちしてしまったり、逆に魚の強い引きによって引っ張られて節が固着してしまうことがあります。

 
テンカラ竿は強さとしなやかさを持ちながらも軽く作られていますので、ルアーロッドやフライロッドと比べて繊細な一面もあります。きちんと使えば長く付き合うこともできますので、ぜひ大切に扱いながら釣りをお楽しみください。

 

 

JUGEMテーマ:釣り・テンカラ

コメント
コメントする