一定期間更新がないため広告を表示しています

近年テンカラを始める方が多く、手探りでいろいろ試しながら楽しまれていると思います。
3月、4月ころは魚の活性が低く毛鉤の選び方が難しいので、テンカラの方もフライの方もご参考になればと思います。
川や魚の状態は、その地方・土地柄や、その日その時の天候などによっても全然条件が違いますが、分かりやすくあえて大雑把に申し上げますので、多少の異論があると思いますがお許しください。
テンカラは年中12番前後の毛鉤を選ぶ方が多くて、そのようなサイズを勧められることも多いと思います。
しかし季節の移り変わりによって川の様相は全く異なりますので川に合わせて釣り方を変えなければいけません。
春先は特に小さなサイズ、18番前後を結んでください。その日によってベストな毛鉤は違いますのでいくつかのサイズ・種類を用意しておき、良く釣れる毛鉤を探りながら釣っていきます。
毛鉤は特にサイズが重要で、色や形選びはその次に大事な要素です。
春先の雪解けの季節では水温が低く、川を泳いでいたり飛んでいたりする虫は小さなものばかりです。
毛鉤はその時食べている虫によく似たものを選ぶべきなのですが、この時期に12〜14番を選んでしまうと、そのような大きな虫はいないので、全くと言っていいほど釣れません。
テンカラはもともと田植えが終わり、一段落する頃から始めるのが良いとされました。
寒い季節では川に入れなかったですし、本業の米作りの合間で収入を得るための釣りだったからです。
いまではウェーダーがあるので2月でも3月でも釣りができますが、本来テンカラをすることのなかった季節ではそれまでの常識通りのやり方では釣れないのも事実です。
水温が10度に満たない場合、常温動物である魚の動きは鈍く、しかもちょっとした物音や人影にひどく怯えてしまいます。したがって流れの早い瀬よりもゆったりした場所の方にいて場合によっては底に張り付いてます。
晴れた日には小さな虫がたくさん羽化するので魚も元気に泳ぎ、釣りやすい日もあります。
こちらをご覧ください。
なお、小さな毛鉤を使用するときにはハリスも細いものがおすすめです。ハリスが太すぎると水面を叩いてしまうことがあり、この時期の元気のない魚をより警戒させてしまうことになりかねません。ひとまず0.5号または0.6号があれば大丈夫です。
しかしそれでも、春の釣りは釣れないときもあります。
そんな時は釣り人が多かったからなのか、魚がいない場所なのか、釣り方が合っていなかったのか、いろいろなことを考えると思いますが、釣れたり悩んだりしながら自然をお楽しみください。

JUGEMテーマ:釣り・テンカラ

コメント
コメントする